Daily Kenta ☆TAKADA KENTA☆

produce101出身、高田健太くんの韓国記事を翻訳しています

 "ヨングギはネコみたい…すごくラク" JBJ ケンタ インタビュー

http://www.wikitree.co.kr/main/news_view.php?id=307557

f:id:daily_kenta:20170730152458j:plain

「teentop、ハイライト先輩たちと同じ舞台に立つのが夢です」

 

KPOPスターに憧れていた少年は、今、次世代韓流スターとしての跳躍を準備している。先月終了した「プロデュース101シーズン2」で唯一の日本人参加者であった高田健太の話だ。

 

彼は放送当時、ずば抜けたダンスの実力と表情演技などで人気を集めた。最終順位24位で脱落したが、放送を通じて高い成績を記録して関心を受けた。他の練習生たちとの「ケミ(相性)」も一役買った。ケンコル(ケンタ、キムヨングク)、ケンコルテギュン(ケンタ、ギムヨングク、キムテドン、キムサンギュン)、JBJ(ケンタ、キムヨングク、キムテドン、キムサンギュン、ノテヒョン、キムドンハン、クォンヒョンビン)などと呼ばれる練習生たちの組合せである。

 

ケンタと11日、wikitree社屋で会った。ケンタは特有の陽気で明るい声で記者の前に現れた。実際に見たケンタは「人間ビタミン」そのものだった。

 

インタビューは約40分の間続いた。ケンタはK-POPについて話をする時は目を輝かせて真剣に臨み、他の練習生の話をする時は間違いなく20代前半の遊び心の多い青年だった。teentopやハイライトなど普段好きだったスターたちについて話す時は多少恥ずかしそうにして目を引いた。

 

様々なジェスチャーと表情でインタビューの雰囲気を和気あいあいとしたものとすることもした。ケンタはインタビューずっと「これ何だっけ?何だっけ?」と一言でもより忠実にインタビューに応えようと努力した。おかげで、たまにケンタが日本人だということを忘れてしまうほどであった。 (インタビューの内容は、ケンタの韓国語の話し方を最大限生かすことに焦点を置いた。)

 

「プロデュース101シーズン2」が終わってからもう一ヶ月となった。出演し、とても多くの舞台に立ったが、最も記憶に残る舞台があれば

 

実はプロデュースが終わって最後にコンサートがあったんです、オリンピックホールで。その舞台が一番記憶に残っています。なぜかというと、うーん...大舞台でたくさんの人の前でかっこよくステージをするのが初めてだったのでそれが一番記憶に残りました。

 

(Q.放送中はしていなかった「Shape of you」の舞台を披露し話題にもなった)

僕たちは実際二日間だけで舞台をしました。二日しかなかったんです、練習する時間が。

実はポジション評価の時に「Shape of you」がしたかったんです。でも、その時は僕は「春の日」を歌ったじゃないですか。 (コンサートで)本当にしたかった歌をすることになって嬉しかったんですが、多くの時間がなくてちょっと大変でした。

 

放送中「焼酎」の説明をしながら披露したリアクションが話題にもなった

 

僕は実はお酒を飲めないんです、たくさんは。そしてその中でも焼酎は僕に一番合いません。焼酎二杯飲むと酔います。

それくらいに僕はお酒が弱いです。だけどビール、ビールはそれでも一杯二杯...

 

(Q.その時のリアクション。別に練習したんですか?)

いえいえ。スジ先輩の焼酎CFそれに従いました。

(Q.焼酎の広告するならよくできそうですが)

僕もそのような計画が...

(Q.ああ、そのような計画が?)

いいえ。機会があればいいでしょう。したいです。

(Q. SNSを見るとファンが「イスルトクトク」の広告のように合成した写真も多いですが)

見ました。実は僕はイスルトクトク好きです。たまに飲みます。だから本当にできるならしたいです。僕はきれいに可愛くできる自信があります!

 

(Q.陽気な運動会をするときの首に付けた「バンダナ」も関心を受けた)

その時僕を見て「喉が痛くてそうしているの?」と心配をいただきましたが、ただ単にしてみただけです。ただファッション?友達も「なんでそれするの?」と聞いてきました。

(Q.よく似合ってました)

あ、そうですか(笑)?もともとは私服でバンダナしてたんですが、そのまま僕が身に着けて出たんです。

f:id:daily_kenta:20170730152846j:plain

両親について言及しながら涙を流してファンの心を切なくさせたこともあった

 

実は放送開始する前に?一度行ったんです、日本に。その最後が... 9ヶ月前。

それでも電話やカカオトークはよくしています。 (いつ会いに行きますか?)僕が日本にですか?実は僕が8月19日に日本でファンミーティングをします。

だからそれが確定してすぐにお母さんに電話したんです、来てって。一ヶ月後には多分会えると思います(笑)久しぶりに。

 

放送を通して(韓国の)友達とたくさん付き合うことができて良かったという話もした。実際のインタビューやSNSの投稿を見ると他の練習生たちとの親交が厚く見えるんですが

 

僕が、それで、なんと言ったらいいのか、韓国語分からなくて...

人と初めて会った時、ああ...そんな性格あるじゃないですか(人見知り?)人見知りはありません。僕がそうだから人と初めて会った時も親しくすることができます。

実際には、プロデュース101開始時はとても心配しました。僕が外国人であり、事務所からも一人で出たので、僕は友達ができるだろうかと心配をたくさんしたんですが、その時に友達がまず僕に話かけてくれて親しくしてくれました、ヒョンたちも友達も。だから僕にたくさんの友達ができたんだと思います。

 

そしてプデュで友達とたくさん付き合ったじゃないですか。だから友達とカトクしながら多くのわからない単語が出てきたらそれを聞いて。そしてカトクしてみるとカトクする場合にのみ使うそんなものもあるじゃないですか? 「ウン」する時も(指で円を描きながら)「ㅇㅇ」そんなことするのあるじゃないですか。そんなことを学んでいます。

 

(Q.以前、会話中に「あ、学んだ」と残したカトクが話題になりましたが)

ああ、そうです。それも。

(Q.元もとよく使う言葉なんですか?)

韓国人もそうやって「学んだ」と言うと思いました。ところで韓国人はそのような言い方はしないんでしょう?それを知らなかったんです。

(Q.それでは、日本ではよく使う表現ですか?)

うーん....はい...おそらく?でも日本人も日本語で「学んだ」とはあまり使わないでしょう。ただ、僕が個人的によく使っているんだと思います。

 

最近JBJも多くの関心を受けている。デビューの話も出ているが、どのようなコンセプトで出たいと思うか

 

ああ...僕は実は、僕が「春の日」をしたじゃないですか。その時、なんというかその言葉が分からないんですが。僕がまず人に対して惜しむような(前に手伸ばしながら)そんなコンセプトをしたい。何ていうか、なんかBTOB先輩の歌のようなそのような何か(Q.麗しい、そんな感じですか?)はい。そんなことをしてみたいです。

天女?二十代? (え?)だから幼い子供ではなくて(大人?成熟?)幼い男性ではなくて、大人の男がするそんな何か(Q.ああそんな、麗しさ?)はい、そんな感じ。僕が「春の日」をした時、幼い友人たちしたじゃないですか。小さなウジンとジニョンとソノと...だけどJBJはみんな20代だからそんなコンセプトをしたいです。

f:id:daily_kenta:20170730153209j:plain

プログラムの最後の回の放送日に上がってきた団体写真でも関心を集めた。 JBJメンバーが集まった写真としては初めてだった

 

その前日リハーサルの日、テヒョンヒョンが先に「明日最後の舞台が終わったら写真撮ろう」と言いました。だからその時は「ああ、分かりました」と言ったんですが、翌日の最後の舞台が終わってみんな挨拶とかするじゃないですか。PD様にもそうして...だからみんな別々にいたんです。

その時テヒョンヒョンが早く家に行かなければならなかったし、お互い別のこともあったから(すぐには撮れなかった)。その時面白かったこと(笑)すごく大きな声でテヒョンヒョンが「JBJ集まれ!」と言いました。だからすぐに集まって写真を2〜3枚撮って、すぐテヒョンヒョンは家に帰りました。その声がなかったら、おそらく写真もなかったんです。だから感謝しています。

(Q.テヒョンさんがJBJリーダー?)

そうです。リーダーです。一番お兄さんだから。そして中心でできる人です。僕も信じてますし。

f:id:daily_kenta:20170730153317j:plain

JBJメンバーの中でも、特にキムヨングク練習生とのケミ(相性)が良いという話が多いですが

 

ああ、ヨングギ〜楽に疎通できる友人。弟?僕が楽に話すことができるようなそんな感じ。僕の中で考えていたことを楽に話すことができる。理解してくれる人。

何か僕らが外国人じゃないですか。楽に疎通することができます。何か考えていることも似ていて、何か楽。だから雰囲気的に言うと、猫と一緒にいるような感じ?だから家で猫と一緒にいるような... (撫でるようなポーズをしながら)感じです。おそらくヨングクも僕を同じような感じで思ってるのではないでしょうか?

 

(Q.執事という考えはありませんか?)

執事が何ですか?

 (Q.猫を育てる人です)

ああ。僕が猫だと?

(Q.いえ、そうじゃなくてヨングク氏はケンタを執事として考えているんじゃないですか?)

ああ、主...主人?はい、多分w?

 

そして、ヨングクも「ヒョン、好きです」とたくさん言います。他の友達や兄、弟よりもたくさん言ってくれるから。きっとヨングクも僕を信じてくれているようです(笑)

 

ケンタと、「ケンモノ(ケンタ+ホンモノ)」、「ソンドク(成功したオタ)」という話もありますが。秘訣があれば

f:id:daily_kenta:20170730153516j:plain

この話はとても恥ずかしいんですが。それは実は頭の中にありました。ああ、覚えてくれていたらいいな、メンバーが僕をと。だからコンサートに行く時は本当に大きな声で「わー!」と言いながら応援もして。あるじゃないですかスローガン、そういうのも自分で作って「わ〜」って振ったりもしました。 

そして、どのようにしたら他の人よりも目立つことができるか、それを毎回考えていました。だから一度teentopリッキー先輩が(観客席の)僕を見るたびに「リッキー」と叫びました。

 

恥ずかしいですがこんなこともありました。ああ、今日はこのボードをメンバーが見てくれるまで振り続けよう。でも、それは難しくて...いや簡単なことではないでしょう。だからたくさん考えましたね(笑)頭を使って...

 

(Q.ちょうど昨日はteentop7周年でした)

はいはいはい。そうです、7月10日。わ。ご存じでした?今SNSVアプリを見ながらたくさん応援しています。

 

そして、もちろん、ファンではありますが、僕も歌手になるために今頑張っている状態でしょう。だからよりがんばって実力を育ててかっこいい歌手になって、同じ舞台に立ちたいという思いをたくさん持っています。

 

(Q.ハイライトと「エムカウントダウン」に一緒に出演するというニュースが注目を集めもしました)

一応、僕の夢見た舞台でしょう。だから本当に嬉しかったです。ファンの皆さんの応援の声を聞きながら本当に力になりました。その前から感謝していたが、そんな心がさらに大きくなりました。ファンの方々がいなかったら立つことができなかい舞台じゃないですか。

 

そしてそのハイライト先輩たちには会えなくて残念でした。なぜかというと僕たちはその時、録音をしなければならず、移動したので。そして最後に一緒に出てきてフィナーレ?1位を発表するときも僕たちがまた録音スタジオに行かなければならなくて、だから先輩たちはあまり見られなくて。僕も挨拶したいと思ったんですが、残念ながら会えませんでした。

 

今後の計画は? (インタビュー翌日の12日、JBJ 9月にデビューが確定した)

 ひとまず、個人的にはファンミーティングもあって・・・ファンの皆さんと一緒に会うことができる活動をしたいし、そう計画しています。

JBJも本当にできればいいですね。このようにインタビューするたびに質問していただきとても感謝していて。メンバーたちもたくさんそんな話をしています。

 

(関係者:もうメンバーたちですか笑?)

あ、はい。メンバー笑

 (Q.メンバーと一緒に出演したい番組があれば?)

たくさんあります。一度はSNLコリア必ず出たいです。そういうのあるじゃないですか、それ何だろ...コント? (Q.コントか?)コンコンコン(発音確認しながら)コント?

(Q.メンバーが出てきて一緒に話をするようなのですか?)

はい。そのメンバーたちの悪いことを(悪役?)はい。悪役です。

(Q.それでは誰を対象に悪役したいですか?悪編はしません)

これはまあ...たくさんいるんですが(笑)

(Q.たくさんいますか?)

たくさんいますが、それでもクォンヒョンビンヒョンビンはプデュやっている時も頑張っていました。頑張ってするんですが、頑張らなかった姿が出るじゃないですか。そんなことが何かコントとしておもしろくなれば....おもしろいと思います。他の先輩たちと一緒に..

 

CFは何だろ、イスルトクトク?イスルトクトクです。本当にやりたいです。会社がどこでしたっけㅠㅠああ、本当によろしくお願いいたします。そちらの会社。

f:id:daily_kenta:20170730153818j:plain

最後に、ファンに伝えたいことがあれば

うーん...本当にたくさんあるんですが...本当に...たくさんあります。頭の中では「ああ、こういう話したい」そんなことがたくさんあるのに、僕はまだまだ不足していることが多いでしょう、韓国語。だからそのために今は100%伝えることができません。

 

これから、僕がより熱心に勉強もして、必ずこの心を伝えますから待っていただきたいと思います。今もたくさん感謝しています。

 

もう一つ。日本でなくても外国のファンの方もたくさんいるんですよ、それにもとても感謝しています。