Daily Kenta ☆TAKADA KENTA☆

produce101出身、高田健太くんの韓国記事を翻訳しています

 'プデュ2' 高田健太「番人」OST参加「実感なかった」

http://entertain.naver.com/read?oid=312&aid=0000268913&lfrom=twitter

f:id:daily_kenta:20170730135723j:plain

Mnet「プロデュース101」シーズン2の参加練習生高田健太が、最近MBCドラマ「番人」のOSTに参加した感想を明らかにした。

 

高田健太はスターロードエンターテイメント所属の日本人練習生として、プロデュース101シーズン2で安定した実力を披露し、最終24位を得た。プログラム放映終了後、高田健太は誰よりも忙しい日々を送っている。

去る1〜2日のプログラムフィナーレコンサート舞台に上がり、3日には「番人」5番目OST「Wanna Be With You」をニュータウンボーイズと一緒に歌った。 プロデュース101シーズン2出身者において初の地上波進出でもある。


5日午前、ソウル市中区中林洞、10asia編集局で高田健太に会い、その感想をたずねた。「とても光栄だった」と話を切りだした彼は「実は上手にできるかどうか心配した。僕が(OST内で)ラップをしたが、外国人だから発音の部分が気になった。幸いなことにみなさん良く見てくださりとても感謝している」と挨拶をした。


高田健太のOST参加は音源公開前から熱い反応を得た。3日午後6時の音源が公開されると音楽サイト、メロンリアルタイム検索語で高田健太の名前が1位に上がるほどであった。


高田健太は 「とても嬉しかった。音楽サイト内のアーティストページができたのを見ても実感がなかった。 「本当に僕のだろうか?」こんな感じだった」とし「リアルタイム検索語1位になるのも難しいことではないか。ファンの方々にそうなるようにしていただき、本当に感謝している」と謙虚な姿を見せた。


高田健太は、今後国内外のスケジュールを活発に消化する予定だ。彼は「プロデュース101シーズン2に出演した後、僕が思ったよりもより多くの関心を受けて仕事が順調に進んでいるようだ」としながら熱心にしていくという覚悟を述べた。