Daily Kenta ☆TAKADA KENTA☆

produce101出身、高田健太くんの韓国記事を翻訳しています

 'プデュ2' 高田健太、BoAの助言、シンユミの称賛、おかげで頑張れた

http://entertain.naver.com/read?oid=312&aid=0000268914&lfrom=twitter

f:id:daily_kenta:20170730134718j:plain

Mnet プロデュース101シーズン2の参加練習生高田健太が国民プロデューサー代表であったBoAとボーカルトレーナー、シンユミに感謝の挨拶を伝えた。


高田健太はプロデュース101シーズン2唯一の日本人練習生として、少ない放送分量でも20位台の順位を維持して実力と魅力を認められた。


5日午前、ソウル市中区中林洞、10asia編集局で高田健太に会った。彼はプログラムで国民プロデューサー代表として臨んだBoAについて「日本であまりにもスターだので知っていた」と話を切り出した。


高田健太はBoAがまだ韓国語が上手くない高田健太のために日本語で会話をするなど配慮してくれたと話した。

 
「プログラム中に『代表様の授業』という時間がありました。その時にBoA代表様が日本で活動していた話をして下さったんです。やはり僕は日本人なので、代表様の言葉で感じることが多かったです。代表様のアドバイスを聞いて、僕は心配していたものについて「気にしなくていいんだな」と一段と心が楽になりました。また僕が撮影の途中で分からない単語があると、BoA代表様が日本語で説明してくれました。僕も緊張した状態だったんですが、まず日本語で話しかけていただきもして、とても気にかけて頂いたことを今も感謝しています。」


また、ポジション評価コンテストの曲の中にBoAの「Amazing Kiss」が出てきたことについて「日本ではとても有名な曲だった。当時を知る人はほとんど僕だけだった。胸がいっぱいだった。」と説明し笑ったりもした。


高田健太はこの他にも、トレーナーに対して感謝の気持ちを伝えることもした。彼は「実際、練習生が101人いるので、その多くの練習生たちの中で誰かを気にかけるかというのは難しいことではないだろうか。ところが、先生たちは僕が時々心配そうな表情をしていれば、まず来て「ケンタ、大丈夫」と話してくださって、カメラがない場合にも疎通をたくさんしてくださった」と思い浮かべた。

続いて「プロデュース101シーズン2をして、すべてのことが初めてだったのでどのようにすべきか悩むことが多かったが、その度に友達はもちろん、先生たちが助言をたくさんして下さった。おかげで無事にプログラムを終えることができた。」とも述べた。


ボーカルトレーナー、シンユミから感動を受けたエピソードも明らかにした。先だって、シンユミは自分のSNSを介して高田健太が自分の固定ピックだったと明らかにした。


「グループバトル評価で「ネコハジャ」組に所属した時でした。僕は当時センターだったので負担が多かったんですが、シンユミ先生が食堂で僕のところにいらっしゃり、「ケンタ、今は大変だろうけど、絶対にうまくいくから。頑張ろう」とおっしゃってくれました。その一言がプロデュース101シーズン2をしながら、ずっと頭の中に残っていたように思います。その後、ファイナルステージが終わった日、ユミ先生に「その時のそのお言葉のおかげで頑張ることができ、とても感謝しています」と言いました。」


一方、高田健太はスターロードエンターテイメント所属の日本人練習生としてプロデュース101シーズン2で安定した実力を披露し、最終24位を得た。プログラム放映終了後、1〜2日のプログラムフィナーレコンサート舞台に上がり、3日にはニュータウンボーイズと一緒に歌ったMBCドラマ「番人」5番目OST「Wanna Be With You」が音源公開された。来る13日午後9時から「ヘヨTV 101特集私生活」でファンに会う。